2016年04月30日

大人の発達障害は2つの「自立」で治す。「『大人の発達障害』は精神的な自立で克服できる」より

アメーバニュースに掲載されたダ・ヴィンチの記事より。

「『大人の発達障害』は精神的な自立で克服できる」というタイトルです。

大人になってからいきなり「発達障害」であることを突き付けられた岩本友規さんの書いた『発達障害の自分の育て方』(主婦の生活社)によると、自閉症、ADHD、アスペルガー症候群、学習障害といった発達障害の日本人は、全人口の約6%もいるそうです。思った以上にいるのです。

岩本さんは転職すること4回、30歳を過ぎて発達障害(精神障害2級)と診断され、一時は電話番すらできないほどの困難に苦しんだものの、その症状を改善。グローバルカンパニーの需要データ分析・プランニング職へ転職し、現在までに二度の個人優秀賞を所属の部署で表彰されるまでになった。その具体的な改善方法が本書で紹介されています。

『発達障害の自分の育て方』(岩本友規/主婦の友社)


「『大人の発達障害』は精神的な自立で克服できる」によると、「大人になってから気づく発達障害」における最大の問題は、発達障害との付き合い方がわからないために仕事などで過剰にストレスを溜めてしまい、体調を悪くしたり、うつ状態に陥ってしまうなどの二次障害を発症してしまうこと、だそうです。

そこで、ストレスをできるだけ溜めずに発達障害とうまく付き合っていく術が必要となってきます。

「『大人の発達障害』は精神的な自立で克服できる」では、「精神的に自立すること」と書かれています。
2つあって、1つは「周囲の世界と自分の世界を分けて考えられること」。そして、もう1つは「自分の世界から周囲の世界の影響を取り除けること」です。

発達障害だと自覚している人は、とかく周囲からマイナスの影響を受けやすく、ネガティブマインドのスパイラルに陥りやすいそうです。確かに分かる気がします。

ネガティブマインドのスパイラルとは、例えば、上司から「そんなやり方じゃダメだ」とやり方を押しつけられた場合。
「自分が悪い」「自分が発達障害だから…」と自分のせいにしてしまいがちですが「じつは上司の考え方のほうがダメ」という場合もあり、視野を広げれば「上司の考え方はどうせ自分でコントロールできるものではない。だったら、それはそれとして、自分の考え方を大切にするのもアリだ」という考え方もできそうです。
本書によれば、2つの「自立」で、このような多様な考え方ができるようになると書かれています。

「自立」するための具体的な方法についても書かれています。

いくつか紹介されている中で、「『大人の発達障害』は精神的な自立で克服できる」がその中でも勧めているトレーニングが「多読」。「どんなジャンルでもいいので、自分がぐっと引き込まれるくらい興味があり、面白いと感じる本」をたくさん読むことで、本の中の世界をイメージする力が強化、他者の世界(心の中)をイメージする力に繋がり、自分の世界と分けて考えられるようになるそうです。

では、本が苦手な人は? その場合は「たくさんの人と会って会話をする」「講演を聞く」「ワークショップイベントに参加する」など、実体験を通して得られるような情報を身につけることです。

また多読だけでなく、読書会に参加するのも効果的だそうです。
本を読み、他者の思考の動きを想像しながら本の紹介文を考え、発表することは、さらなるイメージ力を身につけます。「認知行動療法」に近いものだとか。

岩本さんによると、初めた当初は月に1〜2冊だった読書のペースを加速させ、年間200冊の多読習慣を身につけられたころに、ストレスに強い体質が出来上がっていたことに気づいた、と述べています。

人には仕事の合う合わないがある。初めから天職に就けている人は、ごくわずかです。シビアな条件が付きまとう発達障害の人には、なおさらでしょう。本書は、「自立」がすべての発達障害の人の自信を取り戻させ、まだ出会っていない天職を引き寄せられ、「再び夢を追う」事を願っているそうです。
posted by kamigata0 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害 | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

メンタルヘルス系の症状の人は頭痛が悪化しやすい。頭痛の種類を理解して対策を。

ストレス、プチうつ、不安や緊張感が強い人は、頭痛が悪化しやすい傾向にあるとのこと。
頭痛になると、より気分が悪化して憂鬱になって回復が遅れることでしょう。
身の回りのケアや診断をしっかりして、症状を防止することが大事、と言えそうです。


心療内科医に聞く。頭痛ズッキーンの原因と予防とは?

梅雨時になると、頭が重い、ズッキーンと痛むことはありませんか。二日酔いではズキズキ、急に運動をすると酸欠かのようにガンガンと痛むこともあります。これらの症状はなぜ起きるのでしょうか。また、自分でケアする方法はあるのでしょうか。

心身医学・ペインクリニック専門医で心療内科医の野崎京子先生に詳しいお話を伺いました。

■血管の拡張や神経・筋の緊張で痛む
頭痛のさまざまな症状について、野崎先生は、
「多くの人が一時的に痛みを覚え、これが慢性に続く頭痛を『慢性頭痛』と言います。これには、原因別に大きく分けて3種類があります。一般的に、頻度が高い順にお伝えしましょう」と、次のように分類して説明します。

1.緊張型頭痛――筋肉収縮性頭痛
・こめかみ、後頭部など、全体的に頭が重い感覚がします
・頭、首、肩にかけて、筋肉が緊張して血流が悪くなること、また、ストレスによる神経的な緊張が原因だと考えられます。
・肩こり、腰痛、眼精疲労、めまいなどの症状を引き起こす、あるいはこれらが原因で頭痛になる場合があります。長時間のデスクワークなど、同じ姿勢を続けることも原因の一つです。
・首や肩のこりの部分を温める、温泉に漬かる、マッサージをするなどして、血流を促すことが大事です。
・一番多いのはこのタイプで、誰しも経験があるのではないでしょうか。

2.片(へん)頭痛――血管性の頭痛
・頭の片側や、どこかがズキンズキンと脈打つように痛む(拍動性頭痛)。吐き気、下痢などを伴うこともあります。
・脳の血管が急激に拡張し、血管の周囲の神経を刺激するためと考えられます。
・飲酒、睡眠不足、空腹時の血糖(血液中の糖分の濃度)の低下、睡眠過剰、騒音などの刺激、ストレス、ホルモンの影響などによって起こります。
・痛む部分を冷やし、血管を収縮させることで症状が緩和することがあります。また規則正しい食事、早寝早起きなど、生活習慣を整えることも大事です。
・20歳~50歳の女性に多い症状です。

3. 群発頭痛――片方の目の奥の激しい痛み
・主に睡眠中に、片方の目の奥に、「キリでえぐられるような」、「金づちでなぐられるような」激しい痛みが走ります。1年から3年に数回、1カ月から3カ月にわたって毎日同じ時間帯に起こることから、群発頭痛と呼ばれます。自然に治ることもありますが、数年後に再発することがあります。
・目の後ろの血管が拡張し、炎症を起こすことが痛みの原因と言われます。飛行機や高い山では起こりやすくなります。
・痛むほうの目が充血し、涙が出る、鼻水が出る、まぶたの下垂などの症状があります。
・飲酒、喫煙、気圧の変化などが原因になると考えられます。発症時は飲酒、喫煙は避けましょう。治まると、飲酒の再開は可能です。
・窓を開けるなど換気をよくして、深呼吸をします。
・20歳~30歳の男性に多い症状です。

野崎先生は頭痛の対策について、アドバイスをします。
「頭痛の原因はまだ未解明の部分がありますが、原因や症状を把握しておくと、自分の頭痛がどれにあたるかは見当がつきやすいでしょう。

また、ストレス、プチうつ、不安や緊張感が強い人は、頭痛も悪化しやすい傾向にあります。2週間以上頻繁に起こる、市販薬を飲んでもどうもすっきりしないなど、少しおかしいな、しつこいな、と思った場合は、痛みを放っておかないで、早めにかかりつけ医に相談しましょう。

さらに、経験したことがないような激しい頭痛の場合は、脳血管障害などが考えられます。すぐに病院へ行ってください」
(後略)
(マイナビニュースより)
posted by kamigata0 at 22:42 | TrackBack(1) | 抑うつ症状:ヒント | 更新情報をチェックする

2012年06月01日

ブリーフセラピー

抑うつ症状、ネガティブな考え方についてのヒント
●ブリーフ・セラピー
問題の原因やその分析に焦点をあてるのではなく、現状を改善する方向へ焦点を当て、早期(ブリーフ)解決を目的とした考え方

<三大原則>
1.うまくいっているのなら、そのまま続ける。
2.うまくいっていないことは止めて、なにか違う行動を起こす。
3.うまくいくまで、いろんな行動をして、試してみる。

<具体的方法>
・これまでの生活の中で比較的調子が良かったときのことをできるだけ詳しく思い出し、そのとき生じていた状況・行動・考え方・気持ち・人付き合いなどを意識的に増やしていく

・問題なく日常生活が送れるようになれた状態を具体的に詳しく想像し、それらの状態の中で少し努力すれば実現できるかもしれないことがあれば実験のつもりでそれを実行してみる

・これまで一度も行ったことのないことを思いつく限りリストアップし、それらの中で一番抵抗なく実行できそうなことを試してみる
そして効果があればこれからもそのことを続け、効果がなければリストの他の方法を試してみる

<参考>
http://profile.allabout.co.jp/ask/q-105929/
http://terra-life.com/brief.html
posted by kamigata0 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 抑うつ症状:ヒント | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。